Nintendo Labo(ニンテンドーラボ) 入荷情報・予約開始日・オリジナルゲーム集


随時チェック中。
販売開始ツイートもしているのでぜひフォローや「いいね」してほしい。

2月2日アメリカAmazonで、Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)の予約が開始された。
売上ランキング1位を獲得したようだ。日本への発送も行っているようだが、商品価格$69.99+配送料$29.73と結構高め。
この価格だと、日本の予約開始日を待つほうがよさそう。

1月18日、任天堂が、発表した任天堂スイッチの新しいゲーム。
その名も、Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)。
「テレビゲームと、ダンボール工作が融合したゲーム」というべきか。

おどろくのは、すべてダンボールでできていること。ただのダンボールではない、なんとダンボールでピアノを弾くことができる。
紹介ビデオをみると和音も弾けるみたいで、「すごい」というか、もう何が起こっているのか検討もつかない。

最近の任天堂は攻めに攻めまくっている。

動画を見ると「MAKE(つくる)」「PLAY(遊ぶ)」「DISCOVER(発見)」がテーマである。
ジョイコンのカメラを使用した「ピアノ」や「釣り」「バイク」「ラジコン」のような遊びができる。

これは、小中学生、いや大人でもワクワクする!
子供の頃、学研などの付録でワクワクしたあの若かりし頃。
めちゃくちゃ楽しかったじゃないか。

Nintendo Laboのオリジナルのゲーム集

紹介ビデオだけでは、どういった可能性を秘めているのか未知数ではある。
しかし、Nintendo Labo(任天堂ラボ)のキャッチコピーは、「君なら、どんな遊びを発明する?」だ。
キャッチコピーからして、Nintendo Laboのダンボールは、チュートリアル。つまり、説明書みたいなものだろう。
例えば、ピアノを作る場合、おそらくジョイコンのカメラを使って演奏するのだと思うが、その仕組をわかることによって、いつの間にか「新しいあそび」が思いつき、自分で家にあるダンボールで作成し、遊び方を個々が発明していくのだと思う。

以前、発売した任天堂スーパーマリオメーカー。ユーザーが、コースをつくることができるというゲームである。そのコースでユーザーが考え、人気だったコースに「自動マリオ」というものがある。
自動マリオとは、スタートしてユーザーが一切操作しなくても、マリオがゴールするという「おもしろコース」である。
そのコースこそ、決して任天堂が思いつかないコースといえよう。

今回発売する「任天堂ラボ」きっと、そういった、任天堂が思いつかないおもしろゲームが誕生するに違いない。
そして、すぐにyoutubeなどにアップされ、皆が作り、遊びをシェアすることだろう。

楽しみである。

Nintendo Laboの発売日

2018年4月20日

Nintendo Labo販売サイト

予約開始日は、18日時点発表されてないが、下記サイトで販売されるだろう。
任天堂スイッチは、品切れ時、定価+1万円などで転売されていたので、この商品は、早めに手に入れたほうがよさそうだ!

マイニンテンドーストア

Amazon:Nintendo Labo(任天堂ラボ)

楽天:Nintendo Labo

Yahoo!Nintendo Labo

ヤマダウェブコム:Nintendo Labo

オムニ7:Nintendo Labo

ヨドバシ.com:Nintendo Labo

Nintendo Laboの商品は2種類

バライティーキット

nintendolaboバラエティキット

バライティーキット付属品

nintendolaboバラエティキット付属品

価格

6980円

ロボットキッド

nintendolaboロボットキット

バライティーキット付属品

nintendolaboロボットキット

価格

7980円

動画

海外の反応

Nintendo Laboのイベント

いち早く体験できるイベントも開催するぞ。
エントリー画面(任天堂)

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です