PSVRを買う人は新型の薄型PlayStation 4とProどちらを買えばよいのか

ついに本日11月10日PS4 proが発売された。海外サイトでPSVRを使用した際のPS4&PS4proの違いが記事になっているのでご紹介。
引用
グラフィックの違いはそれほどない。凝視すればわかるかもしれないがプレイ中に体感することは厳しい。Pro向けにバッチが当てられた「PSVRWorlds」の場合画質はシャープで鮮明になってはいるが・・・・・。しかしパッチが当たっているソフトでもほぼおなじ見た目の場合があるので注意が必要だ。必ずしもProでプレイしたからといってシャープでクリアになるという過度な期待はしないほうがよい。ps4Proに買い換える?もう少し様子見でもよいかもしれない。

サマーレッスンの違いが公開され次第公開します。ぜひブックマークを。

下記は9月9日の記事
2016年9月8日ついにPS4の新製品を2種類が発表された。
事前の情報ではPS4 Neoという名称だったが、GPUの強化で更なる高画質となった上位版「プレイステーション 4 Pro」(PS4 Pro)であることが発表された。

新しいプレイステーション4は従来の性能で薄型で安価版
そしてプレイステーション4 Proは性能アップされた。

PS4を新たに買う人はPSVRの為に買うという人も多いと思う。

PSVRを買う人は薄型PS4とps4proどちらを買えばよいのだろうか。
AmazonではすでにPS4&PS4pro両方の予約が開始している。


PSVRを買う人は薄型PS4 or PS4proどちらを買えばよいのか

まず考えるべきなのは発売日である。PSVRの発売日は10月13日である。
PSVRをすでに予約し発売日当日にプレイしたいという人は、選択肢は薄型PS4である。
その理由として薄型PS4の発売日は9月15日であるが、PS4proの発売日は11月10日。そうPS4proはPSVR発売からおおよそ1ヶ月後になる為だ。

PSVRを発売日にプレイしなくて11月10日以降でもよいという方が次に考えるべきなのは、
新型PS4の大きさサイズである。
新型ps4
プレイステーション 4 Proは、295mm×55mm×327mm(幅×高さ×奥行き)(最大突起含まず)。
薄型プレイステーション4は、265mm×39mm×288 mm(幅×高さ×奥行き)(最大突起含まず)。
現行のプレイステーション4は、275mm×53mm×305 mm(幅×高さ×奥行き)(最大突起含まず)。

PS4を置くスペースを考えてみよう。
PS4proの大きさは初代機よりも幅20mm、高さ2mm、奥行き22mm増えている。
薄型PS4の大きさは初代機よりも幅-10mm、高さ-14mm、奥行き-17mmに減っている。
写真でも確認できるが、PS4proは非常に大きくなっている。
今でもスペースがぎりぎりという人の場合はPS4proは厳しいので、薄型PS4を選択するほうがよい、

次に消費電力である、
プレイステーション4Proは最大310W
薄型プレイステーション4は最大165W
初代プレイステーション4は最大250W
となっている。PSの初期問題として常にファンなどの騒音がうるさいという声をきく。
プレイステーション4Proはまだ発売日前なのでなんとも言えないが、消費電力だけをみて今までのPSなどを考えると、
PS4proは騒音が大きいのではないかと予想される。あくまで予想である。

次に機能面である。
PS4proは薄型PS4と動作クロック数は向上しているものの同じCPUである。
しかしGPUが向上している。
プレイステーション4Proは4.20 TFLOPS,
薄型プレイステーション4は1.84 TFLOPS,
GPUが向上したことにより、Pro対応ならばグラフィックのディテールが細かくなったり、フレームレートが増えて滑らか(ぬるぬる動く)効果があります。
発表会でもPSVR専用タイトルの「Farpoint」の場合、PS4 Proだと高フレームレートでVR体験をより体験できるようになるということです。
4K出力に対応しているため4Kテレビがあれば解像度が4倍に向上して、
次世代テレビの普及を見据えてハイダイナミックレンジ(HDR)映像技術にも対応しているという。

で結局、PSVRを買う人は薄型PS4とPS4proどちらを買えばよいの?

1万5千円の差なんてきにしない。新しい高性能のほうがよい。置く場所もスペースがある。4K対応テレビを持っているという人はPS4proをおすすめします。
しかし、ここからは私の意見ですが本当にPS4proは必要だろうか?
4Kテレビまでを新たに買う資金的余裕はないので、現在の4K非対応のテレビを使用すると考えた場合はあまり必要性を感じない。
そりゃね。並べて比べれば綺麗だと思うよ。でもps4でも十分だと思う。

PS4とPS4proのフレームレートが違うと言われているが、PSVRを実際にプレイしてみて、それがどれほど体感できる違いがあるのかはわからない部分です。PS4でも十分楽しめるのではないかと思われる。発表会でも、「Farpoint」の場合、PS4 Proだと高フレームレートでVR体験をより体験できるようになると言っていたが、Farpointの場合と釘を刺している。
ソフトもある程度はPs4pro仕様に作り込まなければいけないのだろう。
今回の発表会では新しいPS4proの方がフレームレートが上がり、処理能力が向上しているというが、自分が体験した際に大幅に違うのだろうか。1万5千円を余分に出す価値はあるのか。よしpspro買おと即決はまだ必要ないと思う。
実際すでに発売になったPSVRをps4でプレイをしてみたが、サマーレッスンというゲームに関してはフレームレートの問題より、画質が問題なような気がする。またその問題はpsproにしたところで格段にアップするとは考えにくい。

またPs4からPs4proに買い替えるという人はそこまで多いとは思えない。
PS4の世界実売4000万台。それくらいPS4pro売れるとは思えない。
そうなると、sonyもPS4proをずっと販売していくとは考えにくい。それだったらいっそPS5を新発売した方がよっぽど良いと思われます。

決してPS4proが悪いと言っている訳ではありません。むしろ機能面ではPs4proはたけていると思う。
お金に余裕がある人はPS4proを買っておいて損はないと思う。
しかし、色々な面からみても私は薄型PS4もしくは現行のPs4でも十分な気がする。
PSVRの可能性がまだ未知数な部分もあるしPSVRのためにPSproに買い換える必要はないのではないだろうか。


 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます...